ベビー用品

出産祝いを送るなら貰って困らないものにするのが鉄則

洋服

ママが喜ぶものと言えば

出産祝いではいくつあっても嬉しい赤ちゃん用品がおすすめです。肌着やスタイ、洋服などは一日に何度も着替えるものなのでプレゼントにも適しています。ネットショップでもギフトラッピングなどが利用できるのでプレゼントに活用しましょう。

必要なものを考える

ベイビー

サイズに注意しましょう

親戚や友人に新しい命が産まれることは喜ばしいことであり、出産祝いを贈ろうを考える人も多いでしょう。子供がいる家庭の場合にはある程度、必要なものやもらって欲しいものは理解できますが、子供がいない人にとって出産祝い選びはとても難しいものです。どうしても選択できない場合には、出産祝いを贈る相手に必要なものや欲しいものを聞いてから贈るのも一つの手段といえます。また、新生児期はとても短いものであるため、この時期に利用するものを贈っても使わない場合もあります。特に洋服はすぐにサイズアウトすることから、直近のサイズではなくだいぶ育ったころを想定して出産祝いとするとよいでしょう。その際には季節物であるコートや水着などは避けて、オールシーズン利用できる衣類の方が喜ばれます。季節ものの場合にはちょうどそのサイズ期に季節が合わないと着用しないままになってしまうからです。また、見た目にもかわいい靴下やスタイも子供によってや、その家の方針によっては使用しない場合もあります。靴を履いて歩き始める前までは靴下を履く機会はそれほどないのが現実です。またよだれもその子によってたくさん出ることそうでない子とがいるため、スタイも一概には必要とはいえないのです。こうした状況を踏まえると、消耗品であるオムツなどを出産祝いとして考える人もいます。オムツケーキといった使用まで飾っておける出産祝いも登場しています。出産祝いはとても難しい贈り物であるため、先を見越したアイテム選びが求められます。

内祝い

品物の金額を決めましょう

出産内祝いを行う場合には、のしに名入れをすることや相手に喜ばれるアイテム選びが必要になります。買い物に出かけることができない場合でも出産内祝いを贈ることができるサイトがあるため、産後の忙しい時期にも安心です。

おもちゃ

ぬくもりのあるおもちゃ

木のおもちゃはナチュラルでぬくもりがあり、ギフトとしても喜ばれています。長く使うことができ、触ると心地よく、安全で丈夫なのが特徴です。選ぶときは、安全性は確かか、月齢にあっているかなどをチェックして選ぶとよいでしょう。